男の料理

アクセスカウンタ

zoom RSS 桂林ビーフン

<<   作成日時 : 2007/10/27 08:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

やっと男の料理の時j間ができた。
9月末にルックJTBのツアーで訪れた桂林の景色は素晴らしかった。それはさておき、彼の地で食したビーフンの食感が忘れられず、当地で買ってきたビーフンを使って「桂林ビーフン」に挑戦した。桂林ビーフンはは、日本のスーパーで買うビーフンと違い、うどんのような太さでこれを炒めたり、ラーメンのようにして食べたりする。桂林ではビーフンは日本のご飯のようなもので、主食として常に食べるそうである。
写真は桂林空港で手に入れた桂林ビーフンと、宣伝の看板である。
画像
画像

さて、今回の料理この桂林ビーフンを使って、汁ビーフンにした。一般的には炒めビーフンもあるが、桂林では朝晩汁ビーフンを食べるのだそうだ。それも簡単に搨とうばんじゃとねぎをトッピングした程度のようである。
今回はこれではちょっと物足りないのd、少し手の混んだ「海鮮ん汁ビーフン」に挑むことんした。参考のレシピは「味の素レシピ百科」である。

材料2人前
ビーフン     200g(桂林ビーフンの袋の半分)
冷凍無頭海老       4匹
帆立貝柱          4個
(面倒なら海鮮鍋用の食材パックを購入してその中から適当に材料選んも良い)
白菜            5枚程度
葱              白髭切り
鶏がらスープ       大さじ2杯
我が家だしの素       適量
塩、胡椒           適量


作り方。
1)ビーフンをもどす。 たっぷりの水に入れて約10分程度煮て、笊に取り出し冷水をかけておく。
2)海老、ホタテは約半分の大きさに切る。白菜は細めに切っておく。
3)鍋にカップ4杯の水を入れ、鶏がらスープの素を加え、さらにだしの素を入れて沸騰させ、海老、ホタテ白菜を入れて3分程煮込む。
4)これに、ビーフンを加えて塩(約大さじ1杯)胡椒で味付けする。
これをt中華どんぶりの盛り付けて出来上がり。
写真の如し
画像

よく出来上がり、ちょうど桂林の遊覧船の昼食で食した汁ビーフンを思い出した。
ついでに、桂林の遊覧からの風景を1枚添付する。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大変お上手でした。
yan
2007/12/13 20:46
艶さん
コメントありがとう。
早速見ていただいただいたようですね。
元気に学問を継続してください。
無茶庵
2007/12/14 21:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
桂林ビーフン 男の料理/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる