男の料理

アクセスカウンタ

zoom RSS 白子のムニエル

<<   作成日時 : 2008/02/04 21:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

08年2月3日は朝から雪になって、今年初めて積雪し、しかも大雪になりそうだ、
画像

お陰で今日は時間ができたので、昨日造った男の料理を今年初めて掲載する。

さる人から、無茶庵はどういう時に料理を作りたくなるかという質問を受けた。自分でも考えたこともない質問だったので、一瞬返事に窮した。よく整理して考えてみると、一番多いきっかけは季節にその季節の料理を見たりあるいは、店で季節の食材を見たときその料理を食べたくなる。その時、この料理をつくって食べたいと言う欲望が働いた時であったと思う。

今回も季節は寒鱈でその白子を思い浮かべていたところに、朝日のBEに白子のムニエルが美味しそうに載っていた。
たまらず、これを食したい欲望のかられて作ることにした。

ただこれだけでは酒の肴だけなってしまうので、これも季節ものでそろそろ食べたいと持っていたキムチチゲを主食に作った。

白子のムニエル
材料2人前
1.白子(国産)150g 800円
2.ホウレンソウ 半束
3.ホワイトソース1/2缶
4.その他。牛乳、チーズ、塩、コショウ、小麦粉、オリーブオイル

作り方
1.ソースを作る。市販のホワイトソースの1缶の1/2を鍋入れて温める。そしてこれお塩コショウとチーズできれば溶けるチーズを少しれて味付けする。時折牛乳を加えて柔らかくする。
この間、決して強火にしないこと。
2.たらこの仕込み。たらこを軽く水洗いして適当な大きさに房分けする。それに塩コショウとバジルのどのハーブを振りかけて30分くらい寝かせておく。
3・ほうれん草を軽く湯がいて、適当な大いさに切りフライパンバターを布いてソテー風に炒める。皿に広げて盛りつけしておく。
4.白子を取り出して、麦粉を薄くまぶしておく。
5.フライパンにオリーブ油を多目に布いて加熱して、白子を乗せて中火にしてじっくり炒める。途中でひっくりかえし、両面に狐色の焼け跡がつくまで焼く。
出来上がったらほうれん草の上に載せて、温めたソースをゆっくり上からかけて出来上がり。.
画像



キムチチゲこれは無茶庵の十八番の一つである。
レシピは07年2月の「キムチチゲ再々」
の通りであるが今回は息子の薦めた納豆を加えた。味はまずまずだった。
画像


白子のムニエルとキムチチゲもよく合う雪景色

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
白子をムニエルにするなんて、新しい!

美味しそうだからと買ってはみたものの、独特の味が強すぎてそう多くは食べられず(刺身で)いつも残してしまって…というのを毎回繰り返していました。
白子って、どう料理したら美味しく食べられるのかしら…?と常々思っていたんです。
このレシピなら、とっても美味しく食べられそうですね!
今度試してみようと思います(^^)
yw
2008/02/15 18:08
先日デパートで美味しそうな白子を発見したので(しかも夕刻だったので半額!笑)、早速作ってみました!

とっても美味しかったです!
「白子をお塩とバジルなどで和えて30分置く」というのがポイントなのでしょうね。くどくならず、ムニエルだけでも良いお味。
かりっとした表面ととろっとした中身が、癖になりそうです。
ほうれん草とホワイトソース缶を買うのを忘れたので、えのき茸をバターで炒めてホワイトソースにしました。
ほうれん草がない分、締まりが弱くなっただろうとは思うのですが、それでも大丈夫でした(^^)

次のレシピも期待してます☆
yw
2008/02/28 14:52
ywさん
えのきだけをバターでいためて、ホワイトソース代わりするというアイデアは流石に若い頭脳ですね。美味しそうですね。
今度はトルコ料理を1〜2何とか仕入れてきます。
無茶庵
2008/02/28 16:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
白子のムニエル 男の料理/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる