男の料理

アクセスカウンタ

zoom RSS クリスマスのオードブル

<<   作成日時 : 2007/12/25 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

このところ学生さんとの対話会が続いた。
その一環でもあるが、先日学生さんの浜岡見学会に同伴して浜岡に行った。
朝早く着いたので、掛川の駅中のお土産屋をぶらついていたら、美味しそうなソーセイジがあり、その上にそれを調理した「クリスマスのオードブル」という写真がかけてあった。
なんとなく見ていたら、無茶庵の得意料理のひとつである、「ソーセージとたまねぎの煮込み」に似ていて、なんとなく印象に残った。

今日はクリスマスイブで、家内が例によって鳥のから揚げなどの準備をしていたようだが二人だけで寂しい所為か、ふと掛川のクリスマスのオードブルを思い出した。そこで強引に家内の料理を横取りして男の料理を作ってみることにした。

材料二人前
ソーセイジ: 4種類フランク小と大、バジル入りソーセイジなど各2本(約1000円)
玉ねぎ:半分
人参:半分
キャベツ,1/4個
じゃがいも 1個
出汁類:とりがら、我が家の調味料コンブだし、ワイン、塩、胡椒

作り方

人参とじゃがいもは予め煮ておく。キャベツは大胆に手でちぎる。玉ねぎは少し太めに三日月に切る。
なべに500cc程度の水を入れて、とりがらスープの元を大匙2はい、コンブだしを大匙1はい、ワインを適量加えて加熱する。煮立つころに、ソーセイジ、玉ねぎ、キャベツ、にんじんをなべに入れて煮立てる。じゃがいもは皮を剥いて1/4に切って最後に煮込む。
煮立ったところで塩胡椒で味付けする。後は弱火にして20分以上煮込む。
これを深めの皿に盛り付けてスープをたっぷり注いで出来上がり。
画像


画像


良く出来た。味はポトフに近い。フランスパンにオリーブオイルとバルサミゴをつけて、お酒は焼酎のマホラバ割りで二人のクリスマスを祝った。
二人で味わう手作りの「クリスマスのオードブル」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。コメントをいただいたY・Wです。
アドレスがあったので覗かせていただきました☆
無茶庵さんが、週一回お料理をしているなんて!
驚きです。
でも、健康のためにも、奥さんのためにも、とっても素晴らしい習慣ですね。
私の周りにいる70代の方みなさんに、教えてあげたいくらいです。(実際、教えてしまうかも!)
レシピまで掲載してあって、とても充実したブログですね!また覗きにきます。
1月のお料理も、楽しみにしています(^^)
Y・W
2008/01/30 20:32
Y・Wさん

早速覗機に来てくれてありがとう。
実は、料理の方はサブでして、本来はもう一つのブログ「生涯学習」の方が専門の方です。多少堅苦しい話しですがこちらの方もたまには見てください。
無茶庵
2008/01/31 08:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
クリスマスのオードブル 男の料理/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる