男の料理

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄料理「セーファン」

<<   作成日時 : 2007/07/24 11:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

このところ、ボランテアの学会の仕事が多忙で本格的な料理の暇がなくさぼっていた。
7月14日福井での学生との対話会の幹事役を何とか無難に務め終えてほっとしていたら、例の中越沖地震による柏崎刈羽原発の被災である。地震についての無茶庵の感想は「無茶庵のエネルギーと環境塾」r、を参照願いたい。
さて、今回の料理は7月21日朝日新聞のBEに掲載された沖縄料理セーファを創ってみることにした。
セーファンとは沖縄のお祝い料理で、采飯のことだそうだ。みそは、具とだしで炊いた炊き込みご飯「ジュシー」にだしをかけて食べることである・。
要はだしである。
本来なら豚骨をjじっくり煮込んだだしにカツヲブシを加えるとのことだが、無茶庵は家内の勧めに乗って、我が家自慢の川口研究所特製だしの素(昆布だし、と鰹だし)を用いさらにラード油に代えて、サラダ油とした。

材料(3人前)
1.だし汁
水1500ccを沸かし、だしの素を大さじ3杯づづ入れて灰汁をとる。
2.ジューシー
米 3合を研ぎ、上のだし汁3合を加え、薄口醤油とサラダオイルを20gほどいれて、その上に下の具を乗せて炊く。
(具)湯がいた豚肉、ニンジン、かまぼこ、シイタケをみじん切りにしたもの。

3.トッピング
できたジュウシーを器に盛り、そ上に載せて彩りと味を調える。
高菜漬けとニンジン、しいたけ、薄焼き卵を細切りにしたもの。適量

作り方
器にジュウシーを盛りつけ、トッピングを乗せ、その上からだし汁をたっぷり目にかけて出来上がり。

付け合わせは、土浦霞ヶ浦のワカサギの白い佃煮とわかめに大葉の刻んだものを加えたサラダ。(ワカサギ土浦のお土産、大葉は近所の作物でいずれも貰い物)

画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄料理「セーファン」 男の料理/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる